1. 俺のAV|ホーム
  2. アダルトサイトの基本
  3. ≫アダルトサイトとは切っても切り離せない詐欺やウィルスの問題について

アダルトサイトとは切っても切り離せない詐欺やウィルスの問題について

普通のショッピングサイトとアダルトサイトの違い。それは詐欺やウィルスのリスクが格段に高いという点でしょう。

今やアダルトサイトはまともな所ばかりになりましたが、それでも詐欺やウィルスを目的としたサイトが完全に撲滅されたかっていうとそういうわけでもありません。

このページではアダルトサイトとは切っても切れない関係にある詐欺やウィルスについて説明します。

これらが不安で有料アダルトサイトへの登録を躊躇っている…という人は必見です。

アダルトサイトとウィルスについて

まず最初に朗報です。

セキュリティソフトの進化やウィルスに対する法規制の強化により、アダルトサイトにウィルスを仕込むような悪質業者は年々減っています。

とくに有料のアダルト動画サイトであれば、ウィルス、ワーム、トロイの木馬といったマルウェアに遭遇することはまずありえません。

近年は普通にアダルトサイトを運営した方が金になる

サイト内にウィルスを仕込んだりした場合、バレたらユーザーが減るどころか一発でサイト閉鎖・逮捕にまでなりかねません。

そんなリスクを冒すくらいなら、真面目にアダルトサイトを運営して真っ当に商売したほうが金になる、というのが昨今の情勢です。

これにはセキュリティソフトの進化や法規制の推進が大きく影響を与えています。本当に感謝しないとですね。

アダルトサイトのウィルスは0になったわけではない

ではウィルスのリスクは今や全く無いのか?といえばそんなこともなく。

これは後述する詐欺系のサイトとも被りますが、現在最もウィルスの可能性が高いのが違法動画アダルトサイトです。

  • 日本語の文章がおかしなサイト(大抵中国人が運営してる)
  • ポップアップ広告が大量に表示される
  • 謎の警告画面が消しても消しても出続ける
  • サイトを開いたらパソコン、スマフォがやたら重くなる

こういったユーザービリティよりもサイト運営側の事情を優先している作りのアダルトサイトは限りなく黒に近いと思って正解です。

ウィルスの有無に関わらずサイト内に長居することはおススメしません。ましてや会員登録なんてもっての外。すぐに離れましょう。

アダルトサイトと詐欺の関係について

ウィルス系のアダルトサイトが下火なのに対して、昔から一向に無くならないのが詐欺目的のアダルトサイトです。

アダルトサイトによくある詐欺一覧

例えばこういう↓古典的な入会詐欺。今でこそ減りましたが、それでもゼロではありません。

アダルトサイトへの入会詐欺

特にスマフォが爆発的に普及しだした2010年以降は一時的に詐欺系のサイトが大増殖して困ったものでした。

また、ちょっと手を変えてこんな画面↓が表示されることもあります。

googleのセキュリティエラーに見せかけた詐欺

Googleの文字で警告文やウィルス感染なんて文字が画面が表示されたら一瞬ドキッとしますが、これも詐欺です。

現時点でスマフォで閲覧しただけでウィルスに感染するようなサイトは管理人の知る限り確認されていません。(スマフォへのウィルスはアプリ関連が圧倒的に多い)

また、ウェブページを閲覧していると突然このようなポップアップ警告の画面↓が表示されることもあります。

突然画面に出るポップアップ警告

しかしこれも詐欺なので無視すべきです。

中にはMicrosoftやAppleのロゴが入っていてリアリティの高いものもありますし、最近だとカメラのシャッター音が鳴るような詐欺の手口まであります。(シャッター音はサイト側が出しているだけ)

決して騙されないようにしましょう。

怪しいアダルトサイトからの請求は無視してOK

中には料金請求の画面が突然表示されるパターンもありますが、これも言うまでもなく詐欺です。

アダルトサイトの詐欺

申込者の意志確認が取れないまま行われた契約はそもそも成立しません。

ただ単にボタンを1つ押しただけで契約が成立するような売買なんて馬鹿げていますからね。

民法では利用者にとって分かりにくい・間違えやすいウェブサイトは契約無効を主張できます。

さらにインターネットの契約の場合、申し込みの前に利用者へ内容確認が行われていなければ電子契約法により錯誤無効の主張ができます。

ようするに、突然「契約完了」の画面が出て金銭を要求するようなやり口は全て無効(詐欺)です。

アダルトサイトと詐欺やウィルスについて まとめ

アダルトサイトは「家族にバレたらヤバい・・・」というユーザー心理につけ込みやすいため、昔から詐欺やウィルスの話が絶えません。

怪しい警告や表示が出ても、その内容には従わずサイトを立ち去るのが一番です。これは今も昔も変わっていません。

最後に警視庁が推奨している詐欺への対処方法をご紹介します。

相談内容
なんの説明もなかったのに、画像や動画を見ようとしたら突然料金請求画面になった。子どもがスマホを触っていたら、急に料金請求画面になった。

対応方法
無視しましょう。悪質なサイト、いわゆる「ワンクリック詐欺サイト」にアクセスした可能性があります。表示されている連絡先にメールや電話で連絡をしてはいけません。

シェアをお願いします。